旅行は現地にお金を落とすことが1つの目標

旅行をするということはある意味では現地に対して経済を貢献するための活動の1つでもあります。

旅行は現地にお金を落とすことが1つの目標

旅行は現地にお金を落とすことが1つの目標 旅行をするということはある意味では現地に対して経済を貢献するための活動の1つでもあります。なぜなら日本国内あるいは世界各地にはそれで商売をしている人たちが大勢いるからです。そしてその観光を商売としている人たちがたくさんになって資金が集まるから大規模な観光用の建物や交通施設が運営できるようになるし、街並みもきれいにすることができるようになります。

しかしその旅する目的地でお金を全然落としてくれなくなったとしたら、現地の人たちにとってはやってくる人たちはただの迷惑者以外の何物でもなくなります。お金を落としてくれなくなったら売れないから商売にならない、それは廃業やサービスダウンの始まりとなって旅する目的地の衰退を助長してしまうことになります。それゆえ旅をしようとするならばお金をケチりすぎてはなりません。しかし同時にもう1つ気をつけねばならないことがあります。お金を使うといっても加減と礼儀をわきまえておかねばなりません。お店の商品の全部を買い占めるくらいの爆買いは一見してお店の売り上げに多大な貢献をしてくれるように見えるかもしれないですが、ほかの人が全く買えないという顰蹙を生み出すことになりますから注意しないとなりません。加減が大事になります。それからあまり大声で騒ぎすぎないような旅をしなければなりません。大声で騒ぎすぎると他の人に迷惑そのものをかけることになるからです。結果的にその行動はあの地域の人間は無礼者が多すぎるというレッテルを張られることになるからです。

Copyright (C)2019旅行は現地にお金を落とすことが1つの目標.All rights reserved.